一発鑑太郎・不動産投資自動化ツール・不動産収支シミュレーション|齋藤靖之

不動産投資メリット(2)〜インフレに強い〜

物価が上がっていく状態のことを「インフレーション(インフレ)」といいます。
インフレの時、物価の上昇と共に家賃も上がるので、不動産投資はインフレに強いわけですが・・・どういうことか、わかりにくいですよね。具体的に説明します。

 

例えば、現金1千万円を預金していたとします。
また、この時、マンションが1千万円で販売されていたとします。

 

 

 

インフレになれば、物価が上がっていきます。
物価が上がった結果、マンションが1.5千万円になったとしましょう。
この時、預金はいくらですか。

 

そうですね。
1千万円のままですよね。

 

 

 

インフレになる前は、預金を降ろせば、マンションを購入できたのですが、インフレになると、マンションを購入できなくなってしまいます。つまり、預金として「貨幣」を保有していると、インフレが起きれば、損してしまいます。

 

しかし、もし、インフレになる前に、マンションを購入していれば、インフレと共に、マンションの価格も上がっていくので、損しないですよね。
というわけで、インフレになりそうな時は、不動産投資をして、不動産を所有する方がいいというわけです。つまり、不動産投資はインフレに強いわけです。

 

トップページへ